整形外科と整骨院の違い

 医師か、柔道整復師かの違いとしては、そもそもの資格が異なりますが、共通する部分もあります。それは健康保険が使えるという点です。例えば、捻挫や肉離れなどの怪我の場合に、急性期であれば健康保険が使えるかと言えば、必ず使えます。

 ただし、慢性期の怪我の場合には保険適用外になるため使用は出来ません。柔道整復師は、いつ頃に怪我をしたのか、どの様にして怪我をしたのか、その旨を必ず細かく説明する事で保険の適用か否かを判断します。特に接骨院では理学療法として怪我に治癒を促進させる為にマッサージを行いますが、慰安的マッサージではないので注意が必要です。スポーツを行う方の場合には、怪我の予防や悪化防止の為にテーピングや包帯を使用する事があります。一般的な病院では、患者の求めるテーピング方法を提供できない事があり、病院選びにも注意が必要です。整形外科の中にもスポーツ整形という特化型の整形外科があるので、テーピングしたい時や教えてほしい時はスポーツ整形や整骨院に行く事が大切です。また、整骨院にも得意とする怪我に対する分野があります。

 基本的な保険適用としては急性期のみですが、他にも労災や自賠責などを取り扱う事ができます。あと、注意シなければいけない点があります。
それは、交通事故被害者は治療で整形外科や整骨院にいくほかに弁護士のところも相談に行かないと損をすることがあります。重症ならもちろん、ムチ打ちなどの怪我でもまずは交通事故弁護士に自分の状況を話して、
いくらくらいの示談金が適切なのかを確認しておきましょう。交通事故被害者は、怪我をしたら必ず、交通事故弁護士を参考にして弁護士の必要性も確認しましょう。弁護士に相談して依頼すると賠償金がぐっと上がることが多いです。交通事故被害にあうと、怪我は治らなくても治療等で思いがけずお金はいっぱいかかります。そのため、お金は多くもらう必要があるのです。

 また、怪我の治療や入院で休職などもやむを得ない場合もあります。少なくともきちんと適性な賠償金は受け取っておきましょう。弁護士というと少しためらうかもしれませんが、弁護士費用を払っても被害者に戻るお金が数百万~数千万円上がることが本当に多いようです。

よく交通事故に遭った 自覚症状はなくても病院には行ったほうが良いとよく言われていますがそれはなぜなんでしょうか?

交通事故にあった時、あきらかに酷い怪我を負っている等の場合は、救急車で病院へ運ばれるでしょう。しかし、自覚症状がなく、全く何ともない場合は病院へ行かない人も多いようです。しかし、時間が経ってから何かしらの症状が出てきたり、実は酷い怪我を負っている場合があるので、交通事故後は必ず病院に行き医師の診断を受けるべきです。
交通事故直後は、興奮状態に陥っており、アドレナリンが分泌され痛みを感じないことが多いです。実際に、救急車の中や病院で興奮状態が冷め、痛みや不快感が生じる人がたくさんいます。また、交通事故直後には痛みを感じない重篤な症状もあります。代表的な症状としてむち打ちがあります。むち打ちとは、車の衝突や急停車で首が急激に動くことが原因で起こる症状で、首の痛みや肩こり、吐き気、めまいなど様々な症状があります。そして、最初は自覚症状があまりないのが特徴です。症状が出るまでに長くて半年から1年以上かかる人も中には存在します。
事故から受診までに2週間を超えると、症状と交通事故の因果関係を証明されるのが難しいとされています。もちろん、事故直後すぐに症状が出るケースもあるのですが、症状が現れるまでの期間が長い場合、損害賠償の示談に合意した後に発症することも十分にあり得るのです。その場合、治療費が補償されない可能性が高くなってしまいます。
そのようなことのないように、事故後すぐに整形外科に、交通事故であると申し出して、しっかりと症状を伝え相談し、むち打ちが発症する可能性があると考えらる時には、示談内容に合意後の発症についての補足を入れておくことが大切です。
いつ症状が発症してもいいように、例え無傷であっても必ず病院での治療を受けましょう。
この作業を怪我をしれいるのに行うのは肉体的にも精神的にも大変負担になると思います。
不安であれば弁護士に相談して示談交渉等についてお任せしてできるだけ怪我の治療に専念することも一つの手段といえると思います。